最近のコメント

無料ブログはココログ

« 八重桜と鯉のぼり | トップページ | 明日、市会議員選挙の告示 »

2015年4月17日 (金)

出産支援に新制度スタート

 

本市の赤ちゃんの出生数は2013年度は716人、2000年と比較すると半減しています。
 出産にかかる分娩費用は、年々高くなり、厚生労働省の調査では平均約47万3000円だと言われています。
 それだけでなく、新たに赤ちゃんを迎えるにあたっては、出産準備品・赤ちゃんのベッドや布団・衣類等、一からそろえるものばかりで、大きな負担となります。
 日本共産党議員団では、以前から、赤ちゃんへのお祝いの気持ちとして、出産祝い金制度の創設を求めてきました。

 新年度から、本市在住の方が「妊娠届」をされると、「妊娠期にかかる経済負担の軽減や母子の健康維持に資するもの(3万円相当)を祝い品として贈呈」する制度が開始されます。詳しくは、5月の市広報で紹介される予定です。

« 八重桜と鯉のぼり | トップページ | 明日、市会議員選挙の告示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2097533/59679635

この記事へのトラックバック一覧です: 出産支援に新制度スタート:

« 八重桜と鯉のぼり | トップページ | 明日、市会議員選挙の告示 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31