最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

レンゲの花畑

2015042915050000
田んぼのレンゲ

 東条地区の田んぼは、レンゲの花でいっぱいです。耕すことによりレンゲは、有機肥料となります。すでに耕したところもありますが、この田んぼのレンゲも連休中に耕されると思います。東条地区で栽培される「ひのちゃん米」の美味しさの源です。

2015年4月28日 (火)

当選証書

2015042711240000

昨日、選挙管理委員会から当選証書をいただきました。

今回の選挙で当選した市会議員が、市役所の会議室に集まり選挙管理委員会から手渡されました。

大激戦のなか、みなさんのご支援で、当選させていただくことができました。

5人はみ出し、しかも新人9人という、まれにみる大激戦のなか、誰が落ちても不思議でないといわれるなか、今回も日本共産党の3人の議員団を作っていただき、本当にありがとうございました。

 

2015年4月27日 (月)

日本共産党3議席確保

2015042623420000
3人そろって当選

 昨日、富田林市会議員選挙の投・開票があり、日本共産党3議席確保。

 投票率は、46.56%で前回より2.64%減でした。

 開票の結果は、日本共産党の新人・田平まゆみ1634票、3期目の岡田ひでき1723票、8期目の奥田良久1630票でした。

 ご支援に感謝し、期待に応えてがんばります。

2015年4月25日 (土)

明日、市会議員選挙の投票日

 きょうは、選挙の最終日。各地で、最後のお願い、訴えをして回りました。午後7時45分から選挙事務所前で、多くの人にお集まり頂き最後の演説で、候補者カーでの宣伝を終えました。

 

 毎日、20箇所の街頭から政策を訴え続けて演説中も、多くの方から激励していただき、ありがとうございました。

 

いよいよ明日が投票日です。皆さんのご支援で、新人の田平候補、3期目挑戦の岡田候補、そして8期目に挑戦の私、奥田良久、日本共産党・富田林市会議員3議席を守ってください。

 自民党・公明党・安倍内閣は、日本を「海外で戦争をする国」にするために11本の法律を準備しています。「平和の憲法を守れ」の声を大きくするためにも、日本共産党・奥田良久へのご支持をお願いします。

 
2015042517200000
最後のお願い

2015年4月24日 (金)

政策を訴え続けています

2015042411290001_3


 暑くなった今日も政策を訴え続けています。この4年間、防災の街づくり推進、富田林病院の産科復活、子どもの医療費助成の年齢引き上げ、妊婦健診費用助成の増額、不妊治療費助成制度の創設など実現しました。

 今後は、「小・中学校の教室にエアコンの設置」「買物不便地域、困難者への支援対策」「富田林病院の充実」「がけ地防災工事補助事業の充実」などに取り組みます。

 みなさんのご支持、ご支援を奥田良久へと、よろしくお願いします。

後援会の方と一緒に

2015042414550001_2
街頭からの訴え

 急に暑くなりました。きょうは、後援会の方々とともに、政策を訴えて歩きました。日曜日が投票日です。期日前投票は、明日もできます。午前8時半から、午後8時まで、場所は、市役所と金剛連絡所です。

戦争をする国への法案

2
演説会で訴え

 きょうの夕刊に、「自民、公明両党は24日、新たな安全保障法制の与党協議で、戦争中の他国軍を自衛隊が後方支援するために新設する恒久法の内容を了承」と報道されています。

 自衛隊が、世界中にでかけアメリカ軍とともに軍事行動に参加する「戦争立法」です。「平和の憲法を守れ」の声を広げなければ、日本は取り返しのつかない道を歩むことになります。

2015年4月23日 (木)

「海外で戦争をする国」にするな

日本を「海外で戦争する国」にする

「戦争立法」に反対します

 

安倍晋三首相 殿

衆議院議長  殿

参議院議長  殿

 

[請願趣旨]

安倍政権は、集団的自衛権行使容認を柱とした「閣議決定」(201471日)を具体化するための法案を国会に提出しようとしています。

その中身は、①米国が世界のどこであっても戦争をはじめたら、自衛隊が「戦闘地域」にまで行って軍事支援をする、②日本に対する武力攻撃がなくても、ときの政権の判断で集団的自衛権を発動し、米国の先制攻撃の戦争にも参戦する、というものです。これは、米国のあらゆる戦争に自衛隊を参戦させ、日本を「海外で戦争する国」にする「戦争立法」にほかなりません。

 私たちは、この憲法9条をこわす違憲立法につよく反対し、以下のことを求めます。

 

 [請願事項]

一、憲法違反の「閣議決定」を具体化する立法措置=「戦争立法」を行わないこと。

一、「閣議決定」を撤回し、日本国憲法第9条を守り、生かすこと。

日本共産党は、上記の署名運動を展開しています。

2015年4月22日 (水)

雨にも暑さにも負けず

2015042215170000
汗をかきながらの訴え

先日までの雨から、きょうは汗をかくような暑い日でした。雨にも暑さにも負けずに、街頭で政策を訴えています。

  いま、安倍政権の下で、日本を「海外で戦争をする国」にするための法律が準備されています。

  また、福島原発事故の処理もできていないのに、原発を動かす計画が進められています。

  沖縄のアメリカ軍基地移設問題でも、新聞の世論調査では「反対」が多数を占めています。

  国民の願いとかけ離れた政治をすすめる自民・公明党による安倍政権の暴走政治に、いっせい地方選挙で「ノー」の審判を下してください。「暮らしを守れ」「平和の憲法を守れ」の願いを日本共産党に託してください。

 

2015年4月21日 (火)

ほたる上陸

東条地区10町連合会、東条ほたるを守る会が取り組まれているゲンジボタルの復活事業。今月10日に放流したホタルの幼虫が、水中から上陸しています。昨夜、幼虫は光ながら上陸し土の中にもぐり成長。

5月下旬に、ホタルとして飛び回ります。

ようやく晴れました

2015042013550000
選挙ポスター掲示板

富田林市会議員選挙は、定数19名に対して現職15名、新人9名の立候補。

すでに選挙ポスターが掲示され、選挙ハガキも送られています。きょうは、選挙公報も届きました。

私、奥田良久は、1950年(昭和25年)生まれの64歳、河南高校を卒業後、富田林市役所で勤務、1987年、36歳のときに市会議員選挙で初当選、以来、7期28年。この間に、富田林市議会で議長、大阪府市議会議長会副会長、市監査委員、農業委員などを歴任。

暮らしを守る地方自治体の役割を発揮するために活動してきました。引き続きご支援をお願いします。

2015年4月20日 (月)

雨の中、政策を訴えて

2015042014290000_3

街頭から政策を訴え

きょうも雨。カッパを着たりしながら、街頭から政策を訴えています。一箇所でも多くの場所で訴えをしたいとがんばっています。

選挙ハガキも到着しているようで、選挙事務所へも激励に来て頂きました。

2015年4月19日 (日)

市会議員選挙スタート

2015041907340000
本日早朝の事務所外観

2015041908450001
第一声

2015041821260000
選挙ポスター

 市会議員選挙が告示されました。午前8時半から出発式を開催し、多くの方々に参加していただきました。
 雨が突然降り出し、ポスター掲示も大変でした。

 8期目に挑戦する奥田良久です。候補者カーで、政策を訴えて回っていますので、ご支援をお願いいたします。

2015年4月18日 (土)

明日、市会議員選挙の告示

 明日、19日に市会議員選挙が告示されます。

 日本共産党は、今回のいっせい地方選挙を、暴走を続ける安倍政権に「ノー」の審判を下す機会にしていただきたいと考えています。

 「暮らしを守れ」「平和の憲法を守れ」の願いを日本共産党に託して下さい。

 富田林市会議員選挙は、定数19名に対して、現職15名、新人9名の立候補が予想されています。

 身近な選挙だけに関心を持っていただきたいと思います。

2015年4月17日 (金)

出産支援に新制度スタート

 

本市の赤ちゃんの出生数は2013年度は716人、2000年と比較すると半減しています。
 出産にかかる分娩費用は、年々高くなり、厚生労働省の調査では平均約47万3000円だと言われています。
 それだけでなく、新たに赤ちゃんを迎えるにあたっては、出産準備品・赤ちゃんのベッドや布団・衣類等、一からそろえるものばかりで、大きな負担となります。
 日本共産党議員団では、以前から、赤ちゃんへのお祝いの気持ちとして、出産祝い金制度の創設を求めてきました。

 新年度から、本市在住の方が「妊娠届」をされると、「妊娠期にかかる経済負担の軽減や母子の健康維持に資するもの(3万円相当)を祝い品として贈呈」する制度が開始されます。詳しくは、5月の市広報で紹介される予定です。

2015年4月16日 (木)

八重桜と鯉のぼり

2015041613560000


 久しぶりの晴れ間の中、何本もの八重桜が見事に咲いているところで、鯉のぼりが泳いでいました。

 14日に福井地方裁判所が、関西電力・高浜原発の再稼動を認めない仮処分決定を下しました。昨年の大飯原発再稼動差し止め判決に続く、画期的な決定です。
 政府が「世界一厳しい基準」と自慢していた原子力規制委員会の「新規制基準」について、「これに適合しても原発の安全性は確保されていない」と厳しく指摘しています。

 福島原発事故での「汚染水処理」や、除染廃棄物の処理もすすんでいないのに、安倍政権は、この秋にも「再稼動」を予定しています。原発をなくして、自然エネルギーに切り替えるときです。

2015年4月14日 (火)

いっせい地方選挙前半戦

いっせい地方選挙の前半戦が終わりました。
日本共産党は、41道府県議選挙で、前回当選者の80議席から111議席に躍進。これまで日本共産党の県議のいなかったところでも当選しました。
また、大阪市など17の政令市議選挙でも、前回当選者の107議席から136議席に大きく伸ばしました。

いよいよ後半戦が、19日からです。選挙管理委員会で、市会議員選挙立候補届出の関係書類の事前審査が必要です。掲示板に貼り出すポスターや、選挙公報原稿なども事前審査が行われます。19日の本番に向けて、入念に準備を進めています。

引き続き、「暮らし守れ」「平和を守れ」の願いを日本共産党に託して下さい。

2015年4月13日 (月)

府会議員選挙の結果

 昨日、府会議員選挙の投・開票日でした。

 富田林市内での結果は、投票率39.08%で前回より2.02のマイナスでした。
 得票は、ため仁史5867票(前回4867票)、吉村議員1万6262票(前回1万7582票)、鈴木議員1万3613票(1万5789票)でした。
 前回と比較して、吉村議員は1320票減、鈴木議員は2176票減、ため候補は、1000票増やしていただきました。

 日本共産党は、全国の道府県議会議員選挙で、改選前の77議席から111議席に増え、そのうち女性議員は58人とのことです。

 引き続き、日本共産党へのご支援をお願いします。

2015年4月11日 (土)

明日、府会議員選挙投票日

2015041112340001_2


 明日12日は、府議会議員選挙の投票日です。きょうは、最後のお願いに、ため仁史(ためきみひと)候補者カーで回りました。

 

 各所で、手を振っての大きな声援をいただきました。
 今回の、いっせい地方選挙は、「海外で戦争をする国づくり」や、「消費税を増税しながら、医療や介護など社会保障制度の改悪をすすめる一方で、大企業の法人税を減税する逆立ち政治」「福島原発汚染水処理もままならないのに原発再稼動を急ぐ」安倍内閣の暴走政治に「ノー」の審判を下す選挙にしてください。

 

 この選挙が終われば、19日から市議会議員選挙が始まります。日本共産党3議席確保のために、全力でがんばります。

2015年4月10日 (金)

ゲンジボタルの幼虫を放つ

2015041013000000


2015041013320000

東条地区10町連合会では、地域の自然環境を守るために、桜の植樹とともにゲンジボタルの復活にも取り組まれています。

昨年の6月初旬にホタルを捕獲、ホタルを守る会の会員さん宅に設置した「飼育装置」で産卵させて飼育。幼虫(写真下)が2~3センチに生育し、きょう、雨の中、先に整備した「ホタルの里」(写真上)に放流されました。

ホタルは、間もなく水中から上陸し、土の中で成長、5月下旬から6月初旬に飛びます。上陸する際には、光っているとのことです。

 明日は、府議会議員選挙の最終日、午後から、ため仁史(ためきみひと)候補者カーに乗って最後のお願いに回ります。応援よろしくお願いします。

 

2015年4月 9日 (木)

きょうも全力で

2015040909420000


2015040909200001

 きょうも、ため仁史(為きみひと)候補とともに、支持を訴えて候補者カーで走りました。

 平和の憲法を踏みにじり日本を「海外で戦争する国」にする計画や、汚染水処理もままならないのに原発再稼動が、急加速しています。国民の願いとかけ離れた悪政を進める安倍内閣に「ノー」の審判を下す選挙にしてください。

 ため候補者の訴えにも力が入ります。多くの桜が、雨風で散っていますが、今日見た桜は、まだしっかりと花びらをつけていました。

 「暮らしを守れ」「平和の憲法を守れ」の願いを、日本共産党に託して下さい。

2015年4月 8日 (水)

ため仁史(きみひと)候補者カーで

2015040813450000


2015040815120000

 きょうは、非常に寒い一日でした。

 寒さに負けず、ため仁史(為きみひと)府議会議員候補とともに、候補者カーでまわり、「安倍内閣による、『海外で戦争をする国づくり』『消費税を増税しながら、社会保障制度を改悪してお年寄りの負担を増やす一方で、大企業の法人税を減税』『原発の再稼動加速』など、暴走政治にノーの審判を下す選挙にしてください」と訴えて回りました。

 嬉桜ヶ丘の公園には、散ってしまった桜の花びらが敷き詰められていました。

2015年4月 6日 (月)

佐備神社の神楽祭

2015040611050001


2015040611510000


小学校の入学式の後、佐備神社で開催された「第33回 神楽祭」に参加しました。

笛や太鼓など、「関西雅楽松風会」の方々による雅楽楽器演奏の中、式神楽や剣鉾の舞、稲積など5つの舞が奉納されました。地元だけではなく、大阪市内からの見学者も多数。例年は、神社の境内に舞台が組まれて、青空の下、舞台で舞が披露されます。しかし、きょうは雨天のため、室内での舞を外に張られたテントから見せていただきました。

神事の最中に、「ため仁史」府議会議員候補者カーが走り、アナウンスの声が聞こえました。市役所に行くと、期日前投票ができます。午前8時30分から午後8時までです。ぜひ、投票に行って下さい。

小学校の入学式に参加

2015040609580000

東条小学校の入学式に参加。先月の卒業式で、15名の卒業でした。きょうの入学式でも15名の1年生入学です。

私も東条小学校でしたが、同級生60数名でした。子どもの数が少なくなっているのと、過疎化の進行があります。国は、「地方創生」と掛け声をかけていますが、若い人たちが、地元で暮らせるように、結婚や出産、安心して生活できるようにすることが政治に求められています。

2015年4月 5日 (日)

雨の日曜日

2015040512000000


咲き誇っていたサクラが、きょうの雨で散っています。滝谷公園でも人影はありませんでした。

せっかくの日曜日、晴れていれば農業公園や、金剛コロニーなど最高の花が見れたのに残念。

写真は、西板持にある神社の桜です。

府議会議員選挙で、雨の中、「ため仁史(ためきみひと)」候補は政策を訴えて走り回っています。ブログも開設しているので検索してみて下さい。

河内長野市から出馬している「たまき候補」者カーの声も聞こえます。

日本共産党の候補者、「サクラ咲く」となるよう応援お願いします。

2015年4月 4日 (土)

こんごう福祉センターを見学

2015040419370000


 富田林市甘南備にある「こんごう福祉センター(金剛コロニー)」を、東条地区10町連合会の方々とともに、見学に行きました。

 障害者の施設として1970年(昭和45年)に大阪府立金剛コロニーとして開設され、現在は、社会福祉法人・大阪府障害者福祉事業団が運営主体となっています。

医療福祉センターすくよかや、特別養護老人ホームかんなびのさとを見学。

 「すくよか」は、一般外来や、予約制の内科、整形外科、歯科、婦人科、耳鼻科、精神科、泌尿器科などの診療が行われています。

一般外来は、午前中のみで、事前に電話をしていただきたいとのことでした。

 これまでお世話になっていた尾山先生(尾山医院)が閉院されたので、今後は、「すくよか」に行こうと思っています。

2015年4月 3日 (金)

大阪府会議員選挙が告示されました

2015040308490000

4月3日、府会議員選挙がはじまりました。

午前8時半から、ため仁史(きみひと)候補の出発式がありました。

富田林市・大阪狭山市・太子町・河南町・千早赤阪村が一つの選挙区で、定数2名です。

 私も、下記のような訴えをしました。

  橋下知事、松井知事の7年間で、大阪府の28の事業が廃止され富田林市への補助金が1億1千万円以上なくなりました。たとえば、こんなところまで削るのかと思うのが、補助金が24万2千円の在宅高齢者への入浴サービス事業が廃止され、富田林が肩代わりして継続しています。

  また、富田林を含む近隣3市2町1村が共同で実施している小児救急医療事業、近隣6市2町1村が共同で実施している二次救急医療体制整備事業、さらに、小学校に配置されていた学校警備員配置制度、それぞれ、命、子どもの安全を守る大切な事業ですが、これらの事業について大阪府からの補助金がなくなりました。

  府民の安全、命を守る予算を削って、大型開発、大企業のもうけのために、皆さんの大切な税金を使うのが、「大阪都」構想です。

  みなさん、安倍政権の下で、日本を「海外で戦争をする国」にするための準備や、福島原発事故の汚染水処理や除染廃棄物の置き場もままならない状況なのに、原発再稼働の動きが加速されています。「平和の憲法を守れ」「日本の安全・安心を守れ」の声を大きく広げなければ、日本は取り返しのつかない道を歩むことになります。

 

 「ため・ためきみひと」候補は、「なんでも相談所長」として、多くの方からの相談を受け解決のために奔走。私も、むつかしい相談を受けると、為さんにお願いしてきました。衆議院選挙に2回、府会議員選挙2回目の挑戦、ためされずみの候補者です。皆さんの、ご支援の輪を広げていただきますようお願いいたします。

 

2015年4月 2日 (木)

明日、府会議員選挙の告示日

 明日、府議会議員選挙が告示され選挙戦がスタートします。

 今回の、いっせい地方選挙は、暴走を続ける安倍政権にノーの審判を下す選挙にしたいものです。

 安倍内閣は、これまでの政府の憲法解釈さえ踏みにじり、日本を「海外で戦争をする国」にするための関連法案を、5月の連休明けに国会に提出するとか、来年の参議院選挙後に憲法を変える手続きに踏み切ると報道されています。

 

アメリカの求めに迅速に応えて、日本から遠く離れたところでアメリカが引き起こした戦争でも、日本への直接の武力攻撃がなくても、自衛隊がアメリカ軍と共に軍事行動ができるようにするものです。すでに、自衛隊員に遺書を書かせることまでしています。

特に若い皆さんにこそ、重大な問題として考えていただきたいことです。戦争をしないようにするのが政治の責任です。

 

日本を再び「殺し、殺される」国にしようとする安倍政権の企てを絶対に許さないために、日本共産党は、「平和の憲法を守る」ための共同を呼びかけていきます。

2015年4月 1日 (水)

いよいよ4月

 いっせい地方選挙の年、4月には、府議会議員選挙、市長選挙、市議会議員選挙が予定されています。

 富田林市内の労働組合や、民主商工会、生活と健康を守る会、新日本婦人の会などとともに日本共産党も一員となっている「公正・民主的な明るい富田林市政をつくる会」で、これまで議論を進め、下記のような呼びかけを発表したので全文を紹介します。

いのちと暮らしを守り、安心して住み続けられる街づくりの共同を

 

私たち「公正・民主的な明るい富田林市政をつくる会」は、40年前に結成した当初から一貫して「清潔・市民本位の市政」実現のために、多くの方々や団体と協力して活動してきました。

そして、この4年間にも住民のみなさんとの共同で「子ども医療費助成を中学三年生まで拡充」「妊婦健診助成の拡充」「富田林病院で産科再開」「特定不妊治療費助成の制度新設」「全小・中学校の耐震補強工事を完了」「旧川西市営プールを全面改修し、今夏にオープン」「喜志・伏山台・東条学童クラブ施設の建て替え・整備」「全小・中学校の図書室にエアコン設置」など実現しました。

 

安倍政権は、国民には消費税増税を押し付けながら、国民の負担を増やす施策が、着々と進めています。

「介護保険利用料を、一定所得以上の人については1割から2割負担に値上げ」「介護保険から『要支援1・2』の認定を受けた人を除外」「特別養護老人ホームへの入所を『要介護3以上』の人に限定」「介護保険料一人当たり基準額6万3560円が、新年度から7万1940円に値上げ」など、「医療費は、新たに70歳になる人から1割負担を2割負担に値上げ」「入院時の食費負担を一食260円から460円に値上げ」など負担増の施策ばかりです。

また、大阪市を廃止し大阪府に従属する五つの特別区に分割する「大阪都」構想をめぐる問題で、5月17日に大阪市民を対象に「住民投票」が実施される予定です。富田林市に関係がないように見える「大阪都」構想ですが、本市でもすでに大阪府からの小児救急医療事業や二次救急医療体制整備補助事業、学校警備員補助などの廃止で大きな影響を受けています。

本市は、「みどり保育園」を民営化し、あと2園の「保育所民営化」を狙っていました。また、「学校体育施設開放時の使用料徴収」、「体育施設、無料施設の有料化、料金改定による負担の適正化」や、「粗大ごみの有料化」なども計画していましたが、実施させていません。

しかし、本市の第4次市総合計画「第7期実施計画」において、「公共施設の受益者負担の適正化」「保育所の民営化について引き続き検討」「民間活力導入の検討などを含め、さらに利用しやすい図書館をめざす」「粗大ごみの有料化制度導入について検討」などの項目があり、今後、要注意の課題です。

政府の「景気上向き」宣伝とは裏腹に、市民の給与所得者の収入は、10年前との比較で年間60万円以上減って、年収が300万円以下の人が37.3%になっており、市民の皆さんの置かれている状況は、依然として厳しいことがうかがえます。今後は、「減少し続ける出生数に歯止めをかけ、老後も安心して住み続けたい街」 「災害に強い防災の街」づくりが大切になっています。

私たちは、4月実施の市長選挙にあたり候補者擁立を見送りますが、これまでの運動で築いてきた施策の後退を許さず、安心して住み続けられる街づくりを実現するために、今後も具体的な政策的課題を提案して多くの皆さんとの共同の輪を広げていきます。

2015年3月31日

公正・民主的な明るい富田林市政をつくる会

 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31