最近のコメント

無料ブログはココログ

« 買物困難者・地域への支援事業の取り組みを求める | トップページ | 東条小学校学童クラブ20日に引っ越し »

2015年3月16日 (月)

介護保険料金値上げ条例に反対

 16日に開催された富田林市議会で、介護保険条例に一部改正が採決されました。内容は、介護保険料基準年額を、これまで6万3560円から、新年度からは7万1940円にするものです。

 市議会で行った反対討論は、下記の内容です。

 「富田林市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」の日本共産党議員団の反対討論を行います。

  いま、国会で新年度予算案が審議されています。安倍政権は、国民には消費税増税を押し付けながら、おおもうけしている大企業の法人税を下げる計画です。 その一方で、国民の負担を増やす施策が、着々と進められています。

 介護保険利用料を、一定所得以上の人については1割から2割負担に値上します。介護保険から「要支援者1・2」の認定を受けた人を除外して、市が実施するボランティアなどによる事業に移行します。特別養護老人ホームへの入所を「要介護3以上」の人に限定し、「相部屋」で月1万5千円の部屋代が徴収されます。 そして、この条例により、介護保険料一人当たり基準額6万3560円が、新年度から7万1940円に値上げされます。

  医療費は、新たに70歳になる人から1割負担を2割負担に増やし、年間、約4万5千円の負担増になると4日の答弁で明らかにしていただきました。入院時の食費負担を3年がかりで一食260円から460円に値上げし、後期高齢者医療制度で、過半数の人への保険料特例軽減を廃止して負担が増やされます。

  3月4日の私たち議員団の質問に対する答弁で、「市民生活は依然きびしい状況が続いている」との認識を示されました。 介護保険料については、3万7270円から6万3560円、そして新年度からは7万1940円と2倍近くにもなります。

 国が責任を果たさない限り、際限なく値上げが続く一方で、サービスが後退することを懸念します。 以上、反対討論とします。

« 買物困難者・地域への支援事業の取り組みを求める | トップページ | 東条小学校学童クラブ20日に引っ越し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2097533/59292458

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険料金値上げ条例に反対:

« 買物困難者・地域への支援事業の取り組みを求める | トップページ | 東条小学校学童クラブ20日に引っ越し »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31