最近のコメント

無料ブログはココログ

« 交通安全、信号機 | トップページ | ため仁史(きみひと)ポスター »

2015年2月27日 (金)

社会保障制度の改悪の連続

①新年度の国の予算案ですが、安倍政権は、国民には消費税増税を押し付けながら、おおもうけしている大企業の法人税を3.29%引き下げる計画です。2015年度だけでも新たな減税額は1兆円を超えると報じられています。大企業は、雇用を増やしても賃金の低い非正規の労働者が中心です。いま、非正規で働く労働者は二千万人を超え、年収200万円以下の人が8年連続1000万人に達しています。

②富田林でも、10年前は給与所得者の平均年収は513万円でしたが、今は452万円で60万円以上減っています。

③このような状況下でも、新年度は社会保障制度改悪が際限なく進められようとしています。「消費税増収分は社会保障に」使うと言ってきたのに、国の新年度予算案では、高齢化などで増える社会保障予算の「自然増」も削り込み、社会保障の切り捨てを強行しています。

④介護保険利用料を、一定所得以上の人については1割から2割負担に値上げです。

⑤介護保険から「要支援者」の排除や、特養入所者の「要介護3以上」への限定と「相部屋」で月1万5千円の部屋代が徴収されます。保険料も引き上げられます。これまでの一人当たり基準額は6万3560円だったのに、新年度から7万1940円になります。介護保険が開始された当初は3万7270円で下から2倍になります。

⑥医療費も入院時の食費負担を一食260円から460円に値上げで、一日600円の値上げになります。これで1か月入院すると食事費が2万3千円が4万1千円にもなります。

また、新たに70歳になる人から1割負担を2割負担に増やしました。年間、約4万5千円の負担が増えます。

⑦年金支給は、物価の値上がりを計算すれば実質、引き下げになります。

⑧75歳以上の後期高齢者医療制度で、過半数の人への保険料の特例軽減を廃止して負担を増やします。

⑨国民健康保険は、現在、各市町村で運営していますが、都道府県単位に広域化される計画です。広域化により、今でも高くて払えない保険料の更なる値上げと徴収強化が心配です。

« 交通安全、信号機 | トップページ | ため仁史(きみひと)ポスター »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2097533/59083677

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障制度の改悪の連続:

« 交通安全、信号機 | トップページ | ため仁史(きみひと)ポスター »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31