最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

ため仁史(きみひと)ポスター

2015022817440000


 ため仁史(きみひと)さんと、たつみコータロー参議院議員の連名ポスターを張り出し中です。

 ためさんは、4月の府議会議員選挙の候補者です。富田林民主商工会の事務局長を退職後、日本共産党が開設している市民相談所で、多くいの皆さんからの相談を受けて、解決のために活動してきました。

 4年前の府議選、2012年と2014年雄総選挙では、大阪15区候補として奮闘。安倍政権の暴走政治にストップをかけるためにがんばっています。

 

 大阪市を廃止し大阪府に従属する五つの特別区に分割する「大阪都」構想をめぐる問題で、5月17日に大阪市214万人の有権者を対象にした「住民投票」が実施される予定です。「大阪都」と言っていますが、法的には大阪府のままで「大阪都」の名称にはなりません。大阪市が消滅するだけです。

 

 「維新」による政治により、富田林市でも小児救急医療事業や二次救急医療体制整備補助事業、学校警備員補助で大きな影響を受けています。

 

2015年2月27日 (金)

社会保障制度の改悪の連続

①新年度の国の予算案ですが、安倍政権は、国民には消費税増税を押し付けながら、おおもうけしている大企業の法人税を3.29%引き下げる計画です。2015年度だけでも新たな減税額は1兆円を超えると報じられています。大企業は、雇用を増やしても賃金の低い非正規の労働者が中心です。いま、非正規で働く労働者は二千万人を超え、年収200万円以下の人が8年連続1000万人に達しています。

②富田林でも、10年前は給与所得者の平均年収は513万円でしたが、今は452万円で60万円以上減っています。

③このような状況下でも、新年度は社会保障制度改悪が際限なく進められようとしています。「消費税増収分は社会保障に」使うと言ってきたのに、国の新年度予算案では、高齢化などで増える社会保障予算の「自然増」も削り込み、社会保障の切り捨てを強行しています。

④介護保険利用料を、一定所得以上の人については1割から2割負担に値上げです。

⑤介護保険から「要支援者」の排除や、特養入所者の「要介護3以上」への限定と「相部屋」で月1万5千円の部屋代が徴収されます。保険料も引き上げられます。これまでの一人当たり基準額は6万3560円だったのに、新年度から7万1940円になります。介護保険が開始された当初は3万7270円で下から2倍になります。

⑥医療費も入院時の食費負担を一食260円から460円に値上げで、一日600円の値上げになります。これで1か月入院すると食事費が2万3千円が4万1千円にもなります。

また、新たに70歳になる人から1割負担を2割負担に増やしました。年間、約4万5千円の負担が増えます。

⑦年金支給は、物価の値上がりを計算すれば実質、引き下げになります。

⑧75歳以上の後期高齢者医療制度で、過半数の人への保険料の特例軽減を廃止して負担を増やします。

⑨国民健康保険は、現在、各市町村で運営していますが、都道府県単位に広域化される計画です。広域化により、今でも高くて払えない保険料の更なる値上げと徴収強化が心配です。

交通安全、信号機

府道・甘南備川向線と市道・竜泉1号の接点に信号機が設置されました。
東条地区10町連合会や東条小学校PTAが、長年にわたり関係機関に要望されてきた結果、信号機設置が実現しました。通勤者の道路として、朝夕の交通量が増えて交差点事故が心配されていた場所です。

2015年2月25日 (水)

定例市議会が開会されました

 2月24日に定例市議会が開会されました。3月16日までの予定です。
 今回の主な議案は、新年度の一般会計予算案、国民健康保険事業など7つの特別会計予算案、水道事業会計予算案、さらに、12の条例改正や制定の案件が提案されました。議案については、3つの常任委員会で審議されます。
 3月4日に本会議場での質問が行われ、日本共産党議員団からは、上原議員が代表して質問します。
 
 条例案には、介護保険料や保育料の改定もあります。国の法律制定や改正による条例制定や改正ですが、社会保障制度の改悪が続きます。
 市議会の模様については、日本共産党富田林市会議員団のホームページで紹介します。「日本共産党富田林市議団」で検索して下さい。

2015年2月23日 (月)

ため仁史さん府会選挙に

2015022319570003

4月3日告示、12日投票で大阪府会議員選挙が行われます。
富田林市と太子町・河南町・千早赤阪村に加えて大阪狭山市が選挙区で、定数2名です。
前回の選挙でも奮闘した、ため仁史(きみひと)さんが日本共産党公認で立候補を予定しています。

後半戦は、富田林市や大阪狭山市で市会議員選挙が実施されます。

2015年2月22日 (日)

定例市議会が24日に開会します

2015022213100000

自宅の梅が咲いています。

 24日から定例の市議会が開会されます。新年度予算案が一番大きな議案ですが、今年は4月、いっせい」地方選挙の年のため骨格予算となります。介護保険料の改定も提案されています。

 3月4日に各会派による代表質問が行われる予定で、日本共産党市会議員団を代表して上原議員が質問に立ちます。



2015年2月20日 (金)

ポスター

2015022017200000


街頭演説告知ポスターです。

少しずつ掲示場所が増えてきました。

掲示できる場所があれば、ご協力お願いします。

2015年2月19日 (木)

パンフレット完成

2015021916490000


日頃のご支援ありがとうございます。

 いま、安倍政権のもとで、憲法を踏みにじり日本を「海外で戦争する」国にしようとする動きが加速しています。また、消費税を増税しながら介護制度や医療制度など社会保障制度改悪、さらに、原発の再稼動など、国民の願いとかけ離れた政治が行われています。

 いまこそ、国の悪政から「住民の命と暮らしを守る」地方自治体の役割を発揮しなければなりません。

 24日から定例市議会が開催されます。国の法改正などの影響により、介護保険料の引き上げや、保育料の改定が予定されています。提出される議案を見ながら下調べをしています。

 全戸にお届けするパンフレットを作成しました。ぜひ、お読み下さい。

2015年2月17日 (火)

大阪府が、救急医療体制整備補助をゼロに

  二次救急医療体制整備補助事業(南河内二次医療圏)について

 

 

1.大阪府保健医療計画に基づき、富田林・河内長野・松原・羽曳野・藤井寺・大阪狭山・太子・河南・千早赤阪の6市2町1村域が「南河内二次医療圏」として設定されている。圏域内の大阪府指定の救急告示病院は、以前、21病院であったが現在は19病院。

 

2.救急傷病者の医療を確保し、救急医療体制の整備を図ることを目的として、救急告示病院に「二次救急医療体制整備費補助」事業を実施している。費用については、国・大阪府とともに圏域の市町村が負担してきた。また、救急依頼の多い準夜初期救急医療体制をとり、6市2町1村で独自に補助している。

 

3.二次救急医療体制整備補助事業について

① 年度        決算額      内・府支出金(構成比率)      

2001年      4541万円     3074万円   67.7%      

2002年      4481万円     3014万円   67.3%      

2003年      4946万円     3509万円   70.9%      

2004年      4415万円     3010万円   68.2%      

2010年      4161万円          0円     0%      

2013年      4191万円          0円     0%      

②決算額と府支出金の差額を6市2町1村で負担している。上記のように、削減された結果、本市でも負担金が増えている。他市町村も同様に増えている。

③橋下・松井知事の時代、2009年度からは毎年、1400万円の予算が計上されてきた。しかし、これまで2009年度に1回565万6千円が執行されたことがあるが、その後、予算は1400万円計上されてきたが、毎年、不執行となっている。

④新年度(2015年度)の大阪府に予算案では、これまでの1400万円が「0」で、計上されていない。

2015年2月15日 (日)

ひな人形

早く、暖かくなってほしい。

きょう、珍しい、2015021511280001


ひな人形を見せていただきました。

空き瓶などを活用した「リサイクル」だと言われていました。

2015年2月12日 (木)

富田林市会議員選挙立候補者説明会

 きょう(12日)午後、選挙管理委員会主催の富田林市会議員選挙立候補予定者への説明会が開催されました。

 説明会には、現職議員15名と、新人8名の23名が出席。定数19名。

 日本共産党は、上原議員が選挙を機に勇退し、新人・田平まゆみさんにバトンタッチ、3期目に挑戦の岡田ひでき議員、そして私、8期目に挑戦する奥田良久の3議席をめざしています。

 同時に開催された市長選挙説明会には、現職の市長と新人1名の陣営が参加していました。

 

2015年2月11日 (水)

明日、立候補者説明会

明日、12日の午後に、4月に実施される市会議員選挙の立候補者説明会が、市役所で開催されます。

 現在、定数19名の富田林市議会ですが、23人の立候補予定者の名前がうわさされています。

 詳しい情報について、後日、報告します。

2015年2月 5日 (木)

定例の市議会

 市の新年度予算などを審議する定例市議会が、2月24日に開会されます。

 

 2月17日に市議会運営委員会が開催され、市当局から「議案」が出されます。24日から、3月16日までの日程で本会議や、文教厚生常任委員会、建設消防常任委員会、市民総務常任委員会で、当局が提出した予算案などを審議します。市議会の模様については、市のウェブサイトや、「日本共産党富田林市議団」で検索して下さい。

 きょうは、定例市議会や、2月12日に開催の南河内環境事業組合(ゴミ焼却やし尿処理をしている特別地方自治体)議会の準備中。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31